写真準備中

くまもとの野鳥 写真図鑑より引用

     流湿原(ながれしつげん)   
観察好適月:12〜6月

概要
 
流湿原は、小国町の北東に位置し、町内の最高峰湧蓋山(わいたさん、標高1500m)を近くで眺望できるところにある。以前は放牧地であったが、近年では野草地から牧草地に変わって鳥たちは少なくなった。それでも秋にはノビタキの小群が立ち寄り、草地や潅木林ではホオジロ類が、ススキ、葦原でベニマシコも来てくれる。時にはオオタカやハイイロチュウヒも出現したことがある。野焼きの後、時折り遠く近くにキジの勇ましい声が聞こえ、ヒバリのさえずりがとてものどかな春〜初夏には草原の鳥たちの歌声に満ちあふれる。小国郷では唯一オオヨシキリの繁殖地である。
季節ごとの観察種
 
秋〜早春(11月〜3月):ハイタカ、ノスリ、タヒバリ、モズ、ジョウビタキ、ノビタキ、シロハラ、ツグミ、キクイタダキ、エナガ、ヒガラ、ヤマガラ、カシラダカ、ミヤマホオジロ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコなど
 春〜初夏(4月〜6月):キジ、ヒクイナ、カッコウ、ホトトギス、ヒバリ、クロツグミ、ツグミ、オオヨシキリ、セッカ、ホオアカ、アトリ、カワラヒワ、マヒワ、イカル、ガビチョウ
交通アクセス
 
小国町ゆうステーションより車で約20分、黒川温泉方面へ向かい、万成寺方面へ。ファームロード(広域農道)へ農道を左折し、約5分走ったところの右側に東屋と駐車場がある。
駐車場・トイレ
 
駐車場あり、トイレなし。