杖立の歴史は古く、今をさかのぼること1700年前、神宮皇后が出産の後この地で霊泉を汲み産湯とした事が始まりと言われています。
「杖立」の名の由来は、かつてこの地を訪れた弘法大師が地面に突き立てた竹杖から枝葉が生えたため、とも、杖にすがってやっとの思いでこの地を訪れた老人や病人が、帰りは不要になった杖をそこここに突き立てて帰ったからとも伝えられています。

 山深い渓谷の温泉街には町中に独特のイオウの香りが漂い、どの宿も湯船に溢れんばかりの豊富な湯量を誇っています。






交通機関別所要時間

JR日田駅下車、そこから杖立行きバスで約30分
九州自動車道日田ICから約40分

拡大します
拡大します